冨士本眼科冨士本眼科

白内障

白内障の症状

  • 目がぼやける
  • もやがかかったように見える
  • 光がやけにまぶしい
  • ピントが合わないことが多い

水晶体はカメラのレンズにあたる無色透明の組織で、水晶体上皮という細長い細胞で構成されています。白内障とは、本来透明であるはずのもの(水晶体)に濁りが生じ、視力が低下したり、物が見えにくくなるという病気のことを言います。

白内障

白内障の多くは皮膚のシミやしわなどと同じく加齢による老化の一環ではないかと言われていますが、糖尿病やアトピー性皮膚炎など、眼以外の病気が原因で、白内障になることもあります。また、乳幼児が発症する先天性白内障や若年性白内障は、視力の発達に障害がでるので、発見次第早急に手術をする必要があります。

白内障手術

白内障

白内障は一旦発症すると元には戻りません。軽度の場合は飲み薬や目薬で進行を抑えたり、眼鏡やコンタクトレンズで矯正することもできますが近年、薬物治療の有効性は疑問視されており、進行を完全に止めることもできませんので、いずれ手術が必要になることもあります。

1. 水晶体前嚢の切開(CCC)
2. 水晶体の中身の乳化吸引
3. 眼内レンズ(IOL)の挿入
4. 眼内レンズの固定

白内障日帰り手術の流れ

1初診

  • 視力、眼圧などの基礎検査を行います。
  • 手術が必要であれば、手術を受けるかどうか、また手術を受けるのであれば手術日などの相談をします。
矢印

2術前検査

  • 角膜内皮細胞、角膜曲率、眼軸長の検査、手術に必要な血液検査をおこないます。
  • また、患者さんの不安を少しでも取り除くために、手術に対しての充分な説明やカウンセリングを行います。
矢印

3術前診察と説明

  • 患者さんに合う眼内レンズや術式を決定します。
  • 手術当日の注意点などをご説明いたします。
矢印

4手術当日

  • 手術は10~40分ほどで終わります。
  • 手術後はリカバリールームで休息していただきます。
  • 日帰り手術なので、手術当日にご帰宅できます。

手術後の注意点

手術直後はリカバリールームで安静にしていただきますが、しばらくすれば歩いたり、食事をしたりとふだんどおりの生活をしていただいてかまいません。ただ、挿入した眼内レンズが目の中でしっかりと固定されるのには数週間ほどかかりますし、目に衝撃を与えると傷口が開く場合もありますので注意しましょう。また、手術後は定期的に医師の診察を受け、眼内レンズがきちんと固定 されているか、度数などはあっているか、合併症を起こしてはいないかなどを確認しましょう。

  • 術後当日は入浴、洗顔はやめましょう。
  • 目をこすらないようにしましょう。
  • 眼帯は翌日までそのままに。
  • 食後の内服は当日より、点眼は翌日よりの開始です。
  • 点眼は医師の指示通りに行いましょう。
  • おかしいな?と思ったらすぐ医師に相談してください。