冨士本眼科冨士本眼科

白内障手術・硝子体手術なら
冨士本眼科へお任せください。

当院では、あらゆる眼病に対処できる最新の技術とシステムを備えています。特にに「白内障」「網膜硝子体疾患などに対する硝子体手術」には優れた実績を誇っています。

診療にあたっては、まず医師と患者さまとの信頼関係が大切です。患者さまのどのような疑問にたいしても、わかりやすく丁寧にご説明します。また当院の医療スタッフは、常に最新の医療情報を得るために努力をつづけ、治療に活かしていますので高度な診療を受けられます。

冨士本眼科グループ
総院長 冨士本一志

Kazushi Fujimoto

最先端の医療機器が高度な技術を支える

アルコンコンステレーション®ビジョンシステム

冨士本眼科はアルコン社製の最新のコンステレーション®ビジョンシステムを導入しています。これまでの硝子体手術装置よりもさらに進化した高性能、多機能を兼ね備えた最新モデルで、白内障・硝子体手術を同時に行うこともできます。

硝子体手術について

  • 眼科手術のなかでも特に高度な医療技術が要求されるうえに、特殊な医療器具も必要なため、全ての眼科医療機関で行える手術ではありません。
  • 執刀医である院長は、この硝子体手術について優れた実績があります。硝子体手術にお悩みの方はぜひ、一度当医院までご相談ください。
硝子体
アルコンコンステレーション®ビジョンシステム

カールツァイスメディテック社Resight

網膜の状態を広範囲にわたり確認できます。硝子体手術に欠かせない広角眼底観察装置眼底観察システムです。従来ブラインドとなり見えにくくなっていた部分が激減し、より安全に手術が行えます。

resight500

タンゴオフサルミックレーザー

最新の緑内障治療と白内障治療に対応した、高品質・高性能のシステムです。レーザー装置の心臓部には、優れた耐久性と安定した出力を持つ新設計のレーザーヘッドを搭載し、正確で再現性のある治療を提供します。

最先端の医療機器

超広角走査レーザー検眼鏡200Tx

従来、周辺部までしっかりと眼底検査をしようとすれば、散瞳薬を点眼し、 瞳を大きく広げてからでないと不可能だったが、200Tx では、瞳を大きく広げ なくとも、ある程度の周辺部まで眼底が把握することが可能となる。散瞳薬を 点眼すると、数時間、患者は非常に眩しく感じるので、嫌がる方も多かったが、 200Tx ならばその心配はありません。またこれまでは、眼底周辺部は医師が見 えていても、なかなかその状況を患者様にお見せするということが困難でした が、周辺部まできれいに撮影可能ですので、患者さんへの病状の説明も、より 説得力を持って説明することが可能となります。

最先端の医療機器

ORA™術中波面収差解析装置

白内障治療は、眼の水晶体の濁りをとり、眼内レンズ挿入しますが、手術中の眼の変化で術前設定度数に僅かな誤差が生じることがあります。特に多焦点眼内レンズや乱視用眼内レンズではこの僅かな差が術後度数結果に影響を及ぼすことがあります。 ORAシステムは、術中リアルタイムでより最適な IOL 度数および固定位置を診断・選択でき、この僅かな差を極限まで補正することで、術後の患者様の見え方に対する満足度をさらに高めることが期待できます。
ORA™術中波面収差解析装置は、プランされた手術を術中リアルタイムに検証し、最適なIOL度数とトーリックスタイル、乱視軸を提案します。

最先端の医療機器

冨士本眼科グループ 総院長 冨士本一志

  • 1980年 広島修道高等学校卒業
  • 1981年 佐賀医科大学入学
  • 1987年 同校卒業

職歴

  • 1987年 広島大学医学部 眼科学教室入局
  • 1988年 北九州総合病院眼科着任
  • 1998年 冨士本眼科開業

免許・資格

  • 1987年 医師免許証所得
  • 1997年 日本眼科学会専門医認定

所属学会等

  • 日本眼科学会
  • 日本白内障学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本臨床眼科学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本内視鏡外科学会
冨士本一志

冨士本眼科 医師 廣瀬直文

略歴

  • 1980年 産業医科大学医学部入学
  • 1987年 同校卒業
  • 1987年 産業医科大学眼科学教室入局
  • 1989年 労働省産業医学総合研究所入職
  • 1991年 産業医科大学専門修練医
  • 1991年 労働福祉事業団 山口労災病院眼科入職
  • 1993年 産業医科大学 眼科助手
  • 2004年 さっか眼科入職
  • 2008年 同院退職
  • 2008年 冨士本眼科入職
  • 2009年 惺光会理事長就任

免許・資格

  • 1987年 医師免許証所得
  • 1992年 日本眼科学会専門医認定

所属学会等

  • 日本眼科学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本角膜学会
  • 日本緑内障学科/日本視野学会
  • 日本眼科手術学会
廣瀬直文

冨士本眼科 医師 川内彰

略歴

  • 1986年 産業医科大学医学部入学
  • 1992年 同校卒業
  • 1992年 産業医科大学眼科学教室入局
  • 1994年 小波瀬病院 眼科入職
  • 2006年 小波瀬病院 理事長就任
  • 2017年 冨士本眼科 入職

免許・資格

  • 1992年 医師免許証所得
  • 1997年 日本眼科学会専門医認定

所属学会

  • 日本眼科学会
医師

冨士本眼科 医師 梶川哲

  • 広島大学 医学博士
  • 日本眼科学会認定 眼科専門医

略歴

  • 1984年 私立修道高校 卒業
  • 1991年 広島大学医学部医学科 卒業
  • 1991年 広島大学医学部眼科学教室 入局
  • 1993年 庄原赤十字病院 眼科医師
  • 1995年 広島赤十字・原爆病院 眼科医師
  • 1996年 広島大学医学部附属病院 眼科医員
  • 2000年 広島大学大学院医学系研究科外科系専攻 修了
  • 2000年 国立福山病院 眼科医長
  • 2002年 行橋南眼科 院長

所属学会等

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本眼科レンズ屈折手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本緑内障学会
医師